Go to lewagon.com

Le Wagon Tokyoのパートタイム・ブートキャンプで社会人としてスキルアップする方法

Sommaire

過去3年間で、150人以上の学生がパートタイムのウェブ開発コース、データサイエンスコースを卒業し、これらのブートキャンプでは、社内での昇進や転職だけでなく、効率的に自身のスキルを高め、卒業生のキャリアを前進させる最適な方法としての地位を確立しました。

これらのブートキャンプが社会人に最適な理由とは?さっそくみていきましょう!

多彩なバックグラウンドを持つプロフェッショナルたち

卒業生の80%以上がフルタイムで働きながらパートタイムのブートキャンプを修了しています。

フルタイムのプログラムと同様に、私たちは常に異なる国籍、性別、そして様々な業界からの受講生たちを歓迎しています。

パートタイムの卒業生は何が違うのでしょうか?

  • フルタイムで働く方にも利便性の高い選択肢として、完全リモートで受講可能なプログラムであるパートタイム・ブートキャンプには、日本全国また APAC(アジア太平洋地域)からの参加する人々や、東京・目黒のキャンパスへ通学する時間が限られる多忙な社会人の皆様に高い評価をいただいています。
  • 受講生の10~15%はすでにテック業界に勤務しており、自身の会社での成長を目指しています。
  • 当校のパートタイムプログラムは、ウェブ開発とデータサイエンスの両分野において、女性の参加率が50%に達することが珍しくありません。

通学、 オンライン もしくは ハイブリッド?

答えは: ご自身にあった方法を自由に選んでください。パートタイムコースではそれぞれ毎週3つの授業に参加します。

  • 平日の授業 — 毎週火曜日と木曜日の午後7時〜10時までで、ほとんどの生徒がリモートで参加しています。都内では通学は時にタイムロスに繋がるため、自宅にいながら参加できるのは彼らにとって大きなメリットになっています。
  • 土曜日の授業 — 午前9時〜午後6時まで行われるこの日は、クラスメイトとの交流を深める日です!ほとんどの人はキャンパスに出向いて参加しますが、通学が難しい場合ももちろんあります。そのような場合でも、他の生徒や講師とオンラインを通じてコミュニケーションを取りながら、一日を共に過ごすことになります。

宿題はありますか?という質問に対して、週に3回の授業を受けるだけでなく、フラッシュカードやビデオ教材を活用して次回の授業の準備もしなければなりません。通常、これらの準備に週に約5時間ほどかかります。さらに、より高いレベルを目指す方には、オプションの練習問題や小規模なプロジェクトがたくさん用意されていますので、挑戦が尽きることはありません!

熱心な講師陣

パートタイム・ブートキャンプを検討する際に最も気になるのは、どれほどのサポートが受けられるかということです。ーこれは、単なるオンライン自己学習とは異なるのでしょうか?

まずLe Wagon では二人一組で課題に取り組むスタイルを採用しています。これにより誰もが取り残されることなく、つまずいた際に助けを求めたり、練習問題の解決方法を説明(アウトプット)することで更に理解を深めることができるからです。

  • 平日と土曜日の授業を通じて、受講生は直接教師やティーチング・アシスタントとコミュニケーションをとり、行き詰まった際にはいつでも実技演習を通して指導を受けることができます。
  • 授業の合間には、専用のSlackチャンネルが質問で賑わい、クラスメイトや講師陣が素早く回答してくれます。

Slackチャンネルは、ほぼ24時間365日のサポートを可能にし、多忙な社会人がクラス内の授業の合間に自分の学習ペースを選ぶことを可能にしています。

フレキシブルな支払いプランとハローワーク助成金の併用

この度、データサイエンス・ブートキャンプのパートタイムコースがReSkillのプログラムリストに追加され、Web開発コースとデータサイエンスコースのパートタイムコース受講生は、授業料の最大70%の補助を受けることができるようになりました!

さらに、分割払いのオプションも卒業生には喜ばれています: ブートキャンプは6ヶ月間にわたって行われるため、追加の手数料を支払うことなく、月々の授業料を分割で支払うことができます。

 

パートタイムとフルタイムのプログラムの違いは?

パートタイム、フルタイムコースに関わらず、私たちの目標は、それぞれのLe Wagon Tokyoの学生が4つの重要なポイントを通して、ブートキャンプでの経験を最大限に活かせるようにすることです: それは「集中」「支えあい」「交流」「環境」です。

パートタイム・ブートキャンプの特徴はなんでしょう?

  • 完全にハイブリッドな体験により、パートタイムの学生は、自宅、キャンパス、またはその両方からLe Wagonの最高の授業を受けることができます!
  • 内容はフルタイムのプログラムと同じですか?はい、フルタイムのプログラムと同等の内容です!週ごとに、パートタイムの学生はフルタイムのプログラムの2日分に相当する学習を行います。
  • 2ヶ月ではなく6ヶ月に渡るこのコースは、フルタイムの仕事、日本語の勉強、フリーランスの仕事など、多忙な人々に他の活動と並行して学習できる機会を提供します。
  • Le Wagon Tokyoのパートタイム修了生は、フルタイムの修了生と同じく成功しているのでしょうか?2019年にパートタイムプログラムを開始して以来、パートタイム・ブートキャンプの卒業生が一貫して目標を達成していることが、私たちの統計データから明らかになっています。彼らは単なる「パートタイマー」ではなく、Le Wagon Tokyoの堂々たる卒業生なのです。

今こそスキルアップのチャンス!

日本に滞在するための手段の一つとしてフルタイムの仕事をしている方々の多くはフルタイムの仕事を離れることは、勇気がいることと思います。そのため、私たちの9週間のフルタイムプログラムを受講することは、多くの人にとって大きな一歩です。ーこれが、パートタイムプログラムが非常に人気のある理由の一つだと言えるでしょう。

卒業生の中には、パートタイムプログラムのスケジュールが唯一の選択肢となり、最終的にキャリアを完全に変えることができた方も多くいらっしゃいます。

________________________

キャリアを変え、東京キャンパスでのパートタイムコースにチャレンジしてみませんか? 

Le Wagon Tokyoのブートキャンプ担当者にお気軽に将来の進路についてご相談ください。

担当者とのお電話のご予約はこちら

Les internautes ont également consulté :
Meet our Data Science students: “Math is less intimidating for me than art or history”

東京では、第一回目となるLe Wagonのデータサイエンスコースの卒業が間近に迫ってきました。そこで、ディープラーニングの学習と最終プロジェクトの準備の合間を縫って、一人の生徒、Njeriさんに話を聞いてみました。彼女は、経験豊富なマネージャーで、今後は日本のデータサイエンス業界へとキャリアを進めようとしています。そのための準備としてLe Wagonのデータサイエンスのブーとキャンプに通いながら、母親として育児もしています。

Pour développe mes compétences
Formation développeur web
Formation data scientist
Formation data analyst
Les internautes ont également consulté :
‘Find joy in the learning process’: Story of Yoshiki, a creative mind turned front-end engineer

Yoshikiは、現在Green Fundingのフロントエンドエンジニアです。彼は、大学の学位がなくとも、輝かしいキャリアを歩むことができることを証明した素晴らしい人間です。 Le Wagon東京のブートキャンプでコーディングを学び、クリエイティブなアプリを作ることに没頭した彼の軌跡を辿っていきましょう。

Landing a job after Le Wagon: what happens during our Career Week?

Le Wagon 東京のコーディングブートキャンプ終了後の進路は様々ですが、その道のりは人それぞれです。卒業生の多くは技術系の仕事に就きますが、中にはフリーランスとして活躍する人や、自分でビジネスを立ち上げる人もいます。それぞれのキャリアゴールに対応するために、卒業後にキャリアウィークを設け、新しいキャリアのスタートを切ることができるようにしています。

Alumni Story: from 9-to-5 salaryman to startup developer

東京生まれの悟さんは、単調な事務仕事に息苦しさを感じていました。その息苦しさに耐え兼ねた悟さんは、自らのぬるま湯のような空間を飛び出し、プログラミングの道に進む覚悟を決め、Le Wagonに参加しました。彼が、どうやって自身の興味を自分の望むキャリアへと転換させたかを、最近の仕事の状況も交えながら話してくれました。

Suscribe to our newsletter

Receive a monthly newsletter with personalized tech tips.